リフォーム比較は価格だけではダメ
リフォーム会社の表に出ていない情報を知ることでリフォームを成功させる可能性が高くなります。
人に紹介できる業者の共通点の共通点とは何か? 
詳細はこちら

リフォームと新築の違い

リフォーム

 

ハウスメーカーなどで新築する場合は
会社の規定によってできることとできないことがあります。

ここで言うところの出来ないこととは「施主支給品」の取り扱いについてです。

具体的に言いますと施工が必要な「施主支給品」については積極的に対応するところは
減ってきているのでは?と感じています。

断る理由は家の性能に影響があるかもしれないということと、
その製品に不具合が生じた場合のアフター管理も難しいからという理由が目立っています。

大手ハウスメーカーほどその傾向が強いのかというとそうでもないようです。
むしろお客様のご依頼ならばと積極的に受けてくれるハウスメーカーもあるので
会社の規模の話ではないようですね。

お客様がハウスメーカーを選ぶときにはそんな事情までは確認しようもないことなので
自分は複雑な気持ちになることが多いです。


ところがリフォームとなると話は変わって、
どんなリフォーム会社でもお客様の夢を叶えるべく努力する姿勢が感じられます。
(*リフォーム会社によりますので信頼できるサイトを通して選ぶことが確実です)

これは施工していただく会社の担当者と私が直接打合せして感じていることなので
間違いはありません。

昔から現場でよく言われたことを思い出します。
それは「新築現場は素人でも管理できるがリフォームは壁を取った時点で
なにがあるかわからないから経験が必要なんだ」という言葉です。

ですから難しい状況に対応し続けているので「施主支給品」についても
臆することなく対応してくれているという印象を受けています。