リフォーム比較は価格だけではダメ
リフォーム会社の表に出ていない情報を知ることでリフォームを成功させる可能性が高くなります。
人に紹介できる業者の共通点の共通点とは何か? 
詳細はこちら

リフォーム比較「表に出ていない情報こそが大切」

リフォーム

 

リフォーム比較サイトのありがたさ、でも

 

リフォームをしようと思ったときにとても参考なるのがリフォームの価格比較サイトです。

このサイトのおかげでリフォーム業者による訪問トラブルもずいぶん減ったと実感しています。
ところがリフォームのクレームがなくなったかと言えば減ってもいないんです。
それは訪問販売業者とのトラブルではなくリフォーム工事のトラブルになっているからです。

理由はさまざまあると思いますが、思い通りになっていないことによるお客様の不満が噴出しているのであれば深刻です。

昔から家の建築においては業者さんにまかせたけどイメージ通りにはならなかったというクレームとは言わないまでも
我慢を強いられたという苦い思いをしている人はたくさんいます。

なぜそう言い切れるのかというと私の親の家がそうだったからです。

これは昔の話とは言え、退職金で家を購入し、しばらくすると自分の家の欠陥とは言えないまでも
粗末な部分がわかってくると手を抜かれたとことが建築に詳しくない親でもわかってきてやがて家のことは
話さなくなったということからも残念さが伝わろうというものです。

どうしてこのようなクレームが起きるのかというと
リフォームは簡単だというイメージが広がっているのが原因だと思っています。

これはとんでもないことで、リフォームは経験値がモノを言う世界です。

新築とは比べようもないくらい難しいのです。

ですから
部分リフォームするくらいならフルリフォームをしてリノベーション物件として販売したほうが
価格は高くなるとはいえ、新築よりはずいぶん価格を抑えられるので流行りとなっていることは予想できてしまいます。

これはそのような需要が多いのですから歓迎するべきことでありますが
部分リフォームはそれだけ難しい証となっていることも事実です。

このことを知れば
一般的なリフォームは部分リフォームということになるので難しいものだと思えるでしょう。

となるとリフォーム会社の選び方も慎重になるということです。

いや、リフォーム会社の選び方こそ慎重になるべきです。

 

 

 

価格が安い。その根拠は?

 

リフォームの比較サイトから一括で見積もりを取って価格を比較ることはおすすめしますが、
問題はその後だということは薄々理解できてきたかと思います。

そうです。安さの理由を聞かなければならないということです。

そこで一般的な、建材は大量で仕入れているために安くできると言われてそのまま鵜呑みにしてはいけません。
なぜなら仕入れの仕切り価格はどこでも差がないからです。

となるとほかにどのような差があるのでしょうか。

それはリフォーム工事の手順にあるはずです。

一般例で言えば、

お客様からリフォームの打診がある。

提携するリフォーム会社に下見に行ってもらう。

見積もりを提示して承諾後に工事をして完了。

となります。

つまり一般のリフォーム工事を希望ならばそれで良いと思います。

ですがそれだけでは物足りないと思いませんか?

 

 

 

リフォームのグレードの差とは何?

 

これほど表現に苦労する言葉はないのですが
何を持ってグレードの差というのかと言うと

提案されたリフォームによって希望以上の空間になったかどうかということです。

いいですか、よく聞いてください。
あるときにリフォームをすることを決心してそれから情報集めをすると思いますが
どれだけ情報を集めたとしても長年リフォームに関わっている人の経験値にはかなわないですよね。

ですからあなたがこれで良いと決めたプランであっても
対案を出してもらったらそっちのほうが良かったということになるかも知れないということです。

実際私がリフォームで対案として提出したプランは7割から8割り以上取り入れられました。

ですから必要がないと思っていても対案を出してもらえるのなら出してもらったほうが良いのです。

 

 

 

リフォームプランを提出してくれるところが少ないという現実

 

 

この言葉を聞いたり目にしたことはありませんか?
それは

「お客様のご希望通りにいたします」

という言葉です。

一見親切そうに見えますが、これはお客様であらかじめプランを決めてくださいという意味です。
わかりやすく言うと、お客様のプランを見てから見積もりをして工事に取り掛かりますということです。

ですから一般のリフォーム工事を希望ならばそれで良いということです。

ですからそれでは満足しないのであればプランも提出してくれるというリフォーム会社に頼む必要があるということです。

ここでは提案型のリフォーム比較サイトをまとめましたのでごらんください。

提案型のリフォーム比較サイト

 

 

 

 

紹介されたリフォーム会社をさらに選別する

 

 

リフォーム会社の比較サイトは提携するリフォーム会社を紹介したら工事のクレームが起きない限りは役目は終わりとなります。

問題はここからです。
それは紹介されたリフォーム会社を選別しなければいけないからです。

これに関しては「こう選べば良い」という確実なものはありませんので
私が家の建築現場を500棟以上見てきたなかで発見した良い家の共通点というものをお伝えしようと思います。
そして後悔しないための知識もぜひごらんになってください。

良い家の共通点

後悔しないための知識
http://kd-office.com/wp-content/uploads/2018/12/yokusuru.pdf

 

 

 

目的をはっきりさせてからリフォーム比較サイトを選ぶ

 

 

リフォームの入口を間違えたら得られる知識も無駄になります。

ここでは目的別にリフォーム比較サイトを分類しましたので参考にすると良いでしょう。

予算重視のかたはこちら
http://xn--eckj0bzexc7c5c1h2267cps3c.xyz/entry46.html

プラン重視のかたはこちら
http://xn--eckj0bzexc7c5c1h2267cps3c.xyz/entry76.html

一戸建てのかたはこちら
http://xn--eckj0bzexc7c5c1h2267cps3c.xyz/entry112.html

賃貸リフォームのノウハウはこちら
http://xn--eckj0bzexc7c5c1h2267cps3c.xyz/entry116.html

部位別のリフォームはこちら
http://xn--eckj0bzexc7c5c1h2267cps3c.xyz/entry171.html

介護・バリアフリーはこちら
http://xn--eckj0bzexc7c5c1h2267cps3c.xyz/entry4.html

外壁、屋根の塗装会社比較はこちら
http://xn--eckj0bzexc7c5c1h2267cps3c.xyz/entry169.html